OLIMPUS XA

最近は25Cらしいね。




気温じゃなくて、自転車のハナシです。 久しぶりに乗るか!どうせ乗るならタイヤも入れ替えよう!と意気込み、Amazonでタイヤを選んでたんだけど、ロクに乗ってなかったこの数年でタイヤメーカーのラインナップがかなり変わっているし、いつのまにか太さの主流が25C(25mm相当)になっていて驚いた。

この10年ずっと23Cのタイヤを選んで履いていたのは、タイヤは細い方が地面との摩擦抵抗が少ないから早く走れると聞いたからで、細い方がなんか格好いい気がするという事もあるんだけど・・ところが最近は、

23Cより25Cのほうがタイヤの変形が少なくパワーロスも減る

・・らしい。 そう言われても自分のバカ脚でたった2mmの違いが分かるとは思えないんだが、残された時間を考えるとタイヤを替えられる機会も少ないと思われるので25Cにしてみることにした。





で、今まで履いていたタイヤ、IRC Fomula Tubelessに X-Guardという「耐パンク性が更に向上」したありがたい逸品を見つけたのでそれを買おうとAmazonでポチっ・・する直前に、25Cよりもさらに太い28Cがあることを知ってしまい・・ 23Cから28C、5mmの違いなら自分にも判るかも・・でも太いよなあ・・1日悩んだけど怖いもの見たさが背中を押してポチッ。

久しぶりのチューブレスタイヤの交換はやはりビートの硬さに閉口したけれど、それよりも適正空気圧が低いことに驚いた。23Cは600-800kPaで、自分の体重を考えて800kPaみっちり入れていたのに、この28Cは550-700kPaと低い。とりあえず700kPa入れてみたけれど、ちょっと硬い気がしたので試走後すぐに650kPaに落とした。

28Cで空気圧が650kPaだとボヨンボヨンなイメージだけど、実際には23Cとあまり変わらず、乗り心地だけを滅茶苦茶良くした感じで目からウロコの大正解。もう戻れない世界感。ずっとこれで行くかもよ。 タイヤついでに「チューブレスタイヤ専用瞬間パンク修理剤」も購入しておいた。早く使ってみたいぞ(笑)


なんでページトップの写真が観覧車なのかというと、28Cの試走で葛西臨海公園まで行った時に撮ったからだ。 ちなみにこの観覧車、6人乗りのゴンドラが68台、最大408名乗車できる。一回転は17分だ。知らなかったろ?ためになるねー。


IRC【アイアールシー】 FORMULA PRO TUBELESS X-Guard...

著者:
出版社/メーカー: IRC
カテゴリ: Sports




BLOG この記事をシェア:
自転車