大利根飛行場にて

かんぽ生命のCM




どうでもいい事にツッコんでみる。 女の子が小型機の整備をしたり空を飛んだり・・というかんぽのCMが放送されているが、実は整備している機体と操縦している機体が違うのだ。

整備をしている黄色と黒の機体は、Christen A-1 Husky というヤツ。



その後、機体が飛行しているシーンまでは Husky なんだけど、操縦シーンではセスナになってる。



操縦している風のこの娘はコパイ席(助手席)に座っていて、実際は左横でパイロットが操縦しているハズ。もちろんコパイ席でも操縦はできるんだけど。

Husky はタンデム複座(縦に二人乗り)なのであきらかに違うのだ。



この写真は機体記号からCMで使われた機体だと判る。7年前に撮った写真だがこの時の Husky は4枚ペラだった。普通は2枚ペラが多く4枚のやつは珍しいのだ。でもCMに出てくるこの機体は2枚ペラに戻していた。





操縦桿はスティックだし、計器類も飛行機らしくて格好いい!





大利根飛行場でグライダーの曳航にも使われていたらしい。





この日は写真手前のモーターグライダー、グローブG109とセスナ172に乗りに行ったんだ。二日後に東日本大震災が起こると知るはずもなく、調子に乗って遊んでたことにちょっと後悔w


G109で大利根飛行場に着陸するよ↓





BLOG この記事をシェア:
未分類 飛びもの

Dialogue & Discussion